ショップニュース

2022月7月16日(土)−「クマのプーさん」展開催

 

貴重な原画約100点が来日!

『クマのプーさん』(Winnie-the-Pooh)は、1926年にイギリス人作家のA. A. ミルンが描いた子ども向けのお話です。少年クリストファー・ロビンのクマのぬいぐるみプーと仲間たちが過ごす日常が、E. H. シェパードの挿画を交えて綴られています。

展覧会は、シェパードが1950〜60年代に描いた原画約100点とミルンの文章とで、クマのプーさんの物語世界をじっくりとたどってゆきます。クリストファー・ロビンが大好きなプーや仲間たちと過ごした「夢のような時間」が空間全体に広がります。まるで昨日描かれたような美しい水彩画の数々は、ここでしか見られない大変貴重なものです。

PLAY! PARKでも「クマのプーさん」展の開催を記念して、プーたちの暮らしを感じる遊びを展開。
またSHOPは原画の繊細な筆致をとじ込めたアイテムや、プーと仲間たちの楽しい思い出を感じることができる会場限定グッズを多数取り揃えています。さらにCAFEでは、プーさんの舞台であるイギリスをイメージしたオリジナルメニューを味わうことができます。

本展はPLAY! MUSEUMと、名古屋市美術館(10/8ー)の2会場のみ開催。
プーたちの暮らす森へ、ぜひ足を運んでみてください。

*1時間毎の日時指定制を導入します
*CAFEはMUSEUMチケットをお持ちでない方もご利用いただけます

 

「プーさん」ファン向けのイベントも開催

8月21日(日)はクリストファー・ロビンの誕生日で、クマのプーさんと出会った記念の日。PLAY! MUSEUMでは「クマのプーさん」誕生祭として、この日来場された方に先着で風船をプレゼントします。
さらに同日の夜は、「クマのプーさん」推しのみなさんを集めた特別内覧会を開催!シェパードの貴重な原画約100点をじっくり鑑賞したり、ミルンの文章に癒されたり。もちろん写真も撮影できます。PLAY! MUSEUMの百町森で、「夢のような時間」を過ごしましょう。

イベント詳細はこちら
https://play2020.jp/article/pooh-birthday-2/

PLAY!
https://play2020.jp/