100年つづく、
新しいしあわせを、
立川から世界へ。

2020.01.23

COLUMN

ウェルビーイング井戸端会議 by GREEN SPRINGS第3話:デザイン×ウェルビーイング~街区デザインに込めた想い~(前半)

SHARE THIS PAGE

次世代のしあわせなライフスタイル「ウェルビーイング」について、GREEN SPRINGSに関わるひとびとが、様々な角度から語っていく連載企画です。

第3回は、マスターデザイナーのお二人が登場。ランドスケープを手がける平賀達也さんと、建築を手がける清水卓さん。GREEN SPRINGSの街区デザインに込められた想いを伺いました。

「建築」と「ランドスケープ」、2人のデザイナーの役割清水 僕がこのプロジェクトに関わるようになったのは、以前立飛ストラテジーラボにアドバイザーとして入っていた方にお声がけいただいたことがきっかけです。その方とは、東京ミッドタウンのお仕事で一緒だったんですが、「面白い案件があるよ。タク、これはマストだよ」と。そこで2016年2月、横山さんをご紹介していただきました。

御存知の通り、この『GREEN SPRINGS』の計画はまちづくりの観点からスタートしたとても夢が大きい話で、村山社長から言われた話も一般的ではないもので。だから正直、最初はあまりイメージができなかったんですね。僕は東京生まれではあるけれどアメリカに住んでいた期間が長く、今も「海外のデザイン事務所の観点から日本の仕事をする」という感覚なんです。拠点を日本に移したのも2008年ですし、もともと立川という土地にも馴染みがなかった。ただ、急いでいるということはわかりました(笑)。普通は着工まで10年~15年ぐらいかけるプロセスを、3年という期限で進めていかなくてはいけないし、立飛グループ自体も不動産開発事業を始めてからは数年しか経ってない。チャレンジングだなと。けれども、ビギナーズマインドがある分、可能性は高いかなと思いました。新鮮に、冷静に仕事をしていけるなと。

平賀 卓さんとは、まだ僕が日建設計という会社にいたときに、名刺交換をさせていただいたことがあって。でもしっかりとお仕事で関わるのは今回が初めてです。

清水 デザインの役割というのは、オーナーの夢を実現することなんです。僕たちの役割は肩書でいうと僕が「建築」、平賀さんが「ランドスケープ」ということになっていますが、この案件に関してはかなりそれぞれの役割がオーバーラップしているんですよね。平賀 「マスターデザイナー」という役割について説明しておくと、ある権限を与えられているデザイナーのこと。通常、こういったプロジェクトではマスターデザイナーは一人なんです。しかし今回の場合は、卓さんが今言われたように建築とランドスケープが等分に大事であり、2人でマスターデザイナーをやってくれというのがクライアント側からの要望でした。まあマスター・ヨーダ(注・『スター・ウォーズ』シリーズに登場するキャラクター)が2人いる状態ですね(笑)。

清水 この案件は、緑と建物が密接しているので、建築側としては「建築」ではなく、公園のプロジェクトだとずっと思っています。かといってランドスケープ=公園、ということではないんですけど。僕がこれまで手掛けてきた、例えば東京ミッドタウンのようなプロジェクトとは観点が違うということです。敷地面積は近いかもしれないけど、あれは完全に建築側から考えた案件。これは逆に、緑から考えた方が、この事業の方針に応えられるかなと思いました。平賀 僕もアメリカでランドスケープアーキテクトの教育を受けているからわかるんですが、海外の大規模プロジェクトでは、建築家とランドスケープアーキテクト、シティプランナーたちがコラボレーションしていくことが普通なんです。でも今までの日本ではどうも建築家主導というか、トップダウンで全権を委ねていくというやり方が主流だった。ただ社会がこれだけ複雑化して、価値観も多様化し、経済がどう転ぶか分からないときは、多様なデザイナーが関わってコラボレーションしたほうがより良いデザインが生まれると思うんですよ。だから今回は、こういう形になったんです。

「ランドスケープアーキテクト」とは何かというと、地域の自然、地域の土地の力を顕在化するというか、その土地が持っている力を利用して事業を価値化するということ。産業革命以降、人間の力が自然を凌駕してしまい、化石燃料などを使うことで都市公害が起きてしまうようになった。都市に人が集中する一方で、人間が生み出す負荷で人が死んだり、病人が出たりするようになった。そこで地域の自然の力を使い、都市と人間の調停をするものとして、ランドスケープアーキテクトという学問が生まれたんです。一番よく使われる例えが、ニューヨークのセントラルパーク。あれはフレデリック・ロー・オルムステッドという「近代ランドスケープの父」と呼ばれている人の設計なんですね。『GREEN SPRINGS』も、街区の中心にちゃんと緑があり、そこに人々の生活、働く場所がある。現代社会における自然と人間のありようを、プロジェクトとして分かりやすく表現することを目指しています。

「東京23区ではできないことをやろう」がコンセプトだった平賀 もともと、条件的にいろいろと制約がある土地ではあったんです。例えば近くに陸上自衛隊の立川飛行場があるため、航空法による高さの制限があります。その条件の中、もともと立飛グループが所有していた広大な土地の再開発も見据えて、立飛ホールディングスが未来へのメッセージを発信するプロジェクトにしたいという想いがある。その上で、法令の定めで駐車場もつくらなくてはいけないから、人工地盤を作り、1階部分を駐車場にする。では、その人工地盤上にどういう世界観をつくり上げるかとなり、建物を外周に配置して、真ん中に広場を作る。ここまではかなり早い段階で決まったんですよ。ただ、例えばそこにたくさん木を植えたほうがいいのか、芝生にして多目的に使える場所にしたほうがいいのか……そういう葛藤はまたその後でもいろいろあり。もっと大きな、マッシヴなものを真ん中に置く、という考え方もなくはなかった。でも人に優しく、快適に思うような空間というのを考えたとき、真ん中に広場があって、その周辺に卓さんが言うところの「縁側」的な空間を作っていく……それがいいだろうと。清水 建物の配置や緑と床面積のバランスというのは大事で、どんなプロジェクトでも議論になるんです。でも今回、かなり早い段階で「23区では実現できないこと、この4ヘクタールでしかできないこと」をやろうという事業方針が立ち上がりました。それは最終的に「ウェルビーイング」という言葉になったんですが、そういう健康的な環境という観点、ライフスタイルの観点から考えると自然と答えは決まっていったんですよね。建ぺい率をMAXにして建物を建てると単なるワンオブゼムの施設になるし、緑が多すぎると事業的にリスクが大きくなる。だから最終的に決まったこの形は、短期間で検討したにしてもかなり良いバランスだし、立飛グループの発信したい将来的なメッセージというのもマスタープランとして、かなり明確に表すことができたのではと思ってます。

平賀 この街区の真ん中を走る「X軸」、これは飛行場の進入表面という離発着できる角度をモチーフにしたものなんですが、それを思いついたのが大きかったですね。これを見せたとき、みんな「これならいける」と思った瞬間があったんじゃないかな。これは僕の力不足でもあるんですけど、それまではランドスケープと建築、この2つの融合する沸点みたいなものを、うまく形にできていなかったから。卓さんもわかってくれると思うんですけど、マスタープランには「これだ」という揺るぎないバランスというのがあり、そういうのが「降りてくる」瞬間があるんですよね。夜中にふと思いついた発想だったんですけど、それが見つかった気がした。これがデザインの面白さですよね。(街区の中央でX軸が交わるという現在のプランになる前のスケッチ。運動場のような大きな芝生空間がある)

平賀 でも本当に、改めて卓さんとこういう話をするのって実は初めてくらいなんですよ。もちろん卓さんからもランドスケープに対して要望はあったし、僕から建築に対してもそう。それはマスターデザイナーとしてのコラボレーションですから。でも僕は卓さんのことをリスペクトしてるし、卓さんも僕のことをリスペクトしてくれてるのがわかった。だから本当にやりやすかったですし、あまり細かい話はしなかったですよね。しなくてもわかるんですよ、2人ともヨーダだから(笑)。言葉というより、お互い絵で会話していたというか。

清水 デザイナーによっても色々なアプローチがあるんですけど、僕も平賀さんも絵を自分で「描く」人なんですよね。そうすると、線一本のクオリティを見るだけで、できるかできないか、信用できるかできないかがわかるんですよ。絵を見れば何を考えているか、何を大事にしているか、何に悩んでいるかがわかるし、そこに言葉は必要ないといいますか……言葉で説明する必要はなかったし、細かい確認をすることとか一度もなかったですよね?

平賀 そう、一度もしたことないんですよ。清水 そういう環境の中で、この『GREEN SPRINGS』のマスターデザインを作り上げていきました。平賀さんとの仕事は、本当にやりやすかったんですよ。

平賀 環境的に、すごく幸せな仕事だったと思います。結局人間性だと思うんですよ。デザイナーとしてリスペクトしあえるかどうかが大事。卓さんもそう思ってくれてるなら、本当に嬉しいです。

清水 だって正直、だんだんとこういう環境でできるプロジェクトって少ないなということに気づいてくるじゃないですか(笑)。でもね、パートナーというか、一緒に責任を負って動いてくれる方が“できる人”だと、すごく簡単にいうと。

平賀 わかります。正直に言ってしまうと、デザイナーって基本、自己主張が激しくて協調性がない人が多いですから(笑)。あとこのプロジェクトは村山社長がボスとしていてくれて、みんなをすごく盛り上げてくれた。だからこそ僕らはマスターデザインを任せられているけれど、大きな事業の一部分であるということがよくわかっている。チームアップがすごく良かったなと思います。

 

>>後半につづく

ウェルビーイング井戸端会議 by GREEN SPRINGS第3話:デザイン×ウェルビーイング~街区デザインに込めた想い~(後半)

<プロフィール>平賀達也

株式会社ランドスケープ・プラス代表取締役/ランドスケープアーキテクト。都市の中で自然とのつながりを感じられる空間づくりを実践。代表実績:二子玉川ライズ、としまエコミューゼタウン、南池袋公園など。

■私が思う「ウェルビーイング」

「ウェルビーイングのWellは、We will。1人称じゃない、私たちの“意志”なんです。様々な人が、同じ志をもって生きていける社会が、ウェルビーイングだと思います」清水卓

株式会社スタジオタクシミズ米国建築設計事務所出身。東京ミッドタウンをはじめ複合施設等のチーフデザイナー。代表実績:東京ミッドタウン、柏の葉ゲートスクエア、札幌赤れんがテラスなど。

■私が思う「ウェルビーイング」

こういう仕事をできるということ。3年前には「本当にできるのかな」と思っていましたけど、今となってはもうすぐで完成する、それがちょっと寂しいくらい。人生においてこんなチャンスはなかなかない、そういうことを感じられるのが「ウェルビーイング」だなと。あと、今日みたいなトークをできるということ! なかなかこんな機会はないですから。これもまた僕にとっての「ウェルビーイング」です。

RECENTLY TOPICS

MEMBER 01

㈱立飛ホールディングス 
代表取締役社長

村山 正道

Masamichi Murayama

立川市の中心地に不動産という
社会資本財を持つ企業として、地域に貢献し、
多摩地域をいつまでも魅力あふれるまちにしていきます。
そして、GREEN SPRINGSから世界に誇れる
新しいまちを目指していきます。

立川市の中心地に不動産という
社会資本財を持つ企業として、地域に貢献し、
多摩地域をいつまでも魅力あふれる
まちにしていきます。
そして、GREEN SPRINGSから世界に
誇れる新しいまちを目指していきます。

MEMBER 02

プロジェクトリーダー

横山 友之

Tomoyuki Yokoyama

株式会社立飛ストラテジーラボ/本部長 執行役員

人々のライフスタイルが変わろうとしている
次の時代に街がどうあるべきなのか?
私たちTeam GREEN SPRINGSは、
その命題に応えられるよう頑張ります!
楽しみにしていてください。

人々のライフスタイルが変わろうとしている
次の時代に街がどうあるべきなのか?
私たちTeam GREEN SPRINGSは、
その命題に応えられるよう頑張ります!
楽しみにしていてください。

MEMBER 03

プロジェクトマネージャー

久保 憲一

Kenichi Kubo

株式会社フレームワークス/代表取締役

これだけ大きな民設広場を持つ開発は珍しいと思います。
その広場を中心に、芸術・音楽・スポーツ他、
この場所ならではの様々な仕掛けを用意し、
立川から世界に発信していきますのでご期待ください!

これだけ大きな民設広場を持つ開発は
珍しいと思います。
その広場を中心に、芸術・音楽・スポーツ他、
この場所ならではの様々な仕掛けを用意し、
立川から世界に発信していきますので
ご期待ください!

代表実績
ラゾーナ川崎プラザ  企画&設計 (~2006 前職時)
ヨドバシカメラ仙台第一ビル 企画開発(2015~)
新橋駅西口地区再開発 街づくりコンセプト作成および
特区コンサル業務(2016~)

MEMBER 04

プロジェクトマネージャー

岸川 聡史

Satoshi Kishikawa

株式会社 山下設計/執行役員

従来の枠組みやプロセスとは違った施設づくりにより、
新たな価値を生み出します。
プロジェクトメンバーによる手作り感満載の
類を見ないプロジェクト!
期待して待っていてください。

従来の枠組みやプロセスとは違った
施設づくりにより、新たな価値を生み
出します。
プロジェクトメンバーによる手作り感
満載の類を見ないプロジェクト!
期待して待っていてください。

代表実績
武田薬品湘南研究所CM業務(2007~2011)
QVC新本社CM業務(2010~2013)
立命館大学大阪いばらきキャンパスCM業務 (2012~2015)

MEMBER 05

マスターデザインアーキテクト

清水 卓

Taku Shimizu

株式会社スタジオタクシミズ/代表取締役

建築物はそれぞれ自然環境の一部と想定し内外環境をつなぐ、
コミュニケーションを促す、より良いライフスタイルを創発する
コンセプト「まちの縁側」に答えるデザインを実現します。
その概念の解釈は地元の好循環を代表する多摩産材を収穫し
プロジェクトの重要な共通言語とします。

建築物はそれぞれ自然環境の一部と想定し
内外環境をつなぐ、コミュニケーションを
促す、より良いライフスタイルを創発する
コンセプト「まちの縁側」に答えるデザインを
実現します。
その概念の解釈は地元の好循環を
代表する多摩産材を収穫しプロジェクトの
重要な共通言語とします。

代表実績
東京ミッドタウン、2007
横浜三井ビルディング、2009
柏の葉ゲートスクエア、三井ガーデンホテル、2014
札幌三井J Pビルディング、2014
アイヤラランド、Ayala Triangle Gardens,
Park Central Towers、マニラ、〜2021
BBCC、クアラルンプール、〜2021
ICD One Za’abeel、ドバイ、〜2022

MEMBER 06

マスターデザインランドスケープアーキテクト

平賀 達也

Tatsuya Hiraga

株式会社ランドスケープ・プラス/代表取締役

計画地の魅力は、前面に広がる公園の緑と
圧倒的な空の広さにあります。
ランドスケープの描く空と大地をつなぐ
ダイナミックな軸線が、このまちを訪れる人々にかつてない
昂揚感や爽快感をもたらしてくれることでしょう。

計画地の魅力は、前面に広がる公園の緑と
圧倒的な空の広さにあります。
ランドスケープの描く空と大地をつなぐ
ダイナミックな軸線が、このまちを訪れる
人々にかつてない昂揚感や爽快感を
もたらしてくれることでしょう。

代表実績
二子玉川ライズ(2015年)
としまエコミューゼタウン(2015年)
南池袋公園(2016年)

MEMBER 07

照明デザイナー

東海林 弘靖

Hiroyasu Shoji

有限会社ライトデザイン/代表取締役

私たちは昼と夜を繰り返す美しい地球に生きています。
薄暮の空から始まる「夜時間」、このプライベートな時間を
より素晴らしい記憶に残るよう仕立てるのが照明です。
ご期待ください。

私たちは昼と夜を繰り返す美しい地球に
生きています。薄暮の空から始まる
「夜時間」、このプライベートな時間をより
素晴らしい記憶に残るよう仕立てるのが
照明です。ご期待ください。

代表実績
薬師寺 食堂
二子玉川ライズ
新千歳空港国際線旅客ターミナルビル

MEMBER 08

サインデザイナー

井原 理安

Rian Ihara

有限会社井原理安デザイン事務所/代表取締役

サイン計画は「巡る」をコンセプトに
わかりやすいサインと巡ることで感動、発見、
体験できるサインツールを計画します。
多様性をもったGREEN SPRINGSは
新しいコラボレーションの場をつくっていきます。

サイン計画は「巡る」をコンセプトに
わかりやすいサインと巡ることで感動、
発見、体験できるサインツールを
計画します。
多様性をもったGREEN SPRINGSは
新しいコラボレーションの場を
つくっていきます。

代表実績
東京ミッドタウン六本木
虎ノ門ヒルズ
二子玉川ライズ

MEMBER 09

ホテルインテリアデザイナー

グエナエル・ニコラ

GWENAEL NICHOLAS

株式会社キュリオシティ/代表取締役

都心から利便性が高く、
かつ自然も感じられる立川というこの場所で、
リゾートを感じられる新しいホテルを目指します。
インフィニティプールもお楽しみに。

都心から利便性が高く、かつ自然も
感じられる立川というこの場所で、
リゾートを感じられる新しいホテルを
目指します。
インフィニティプールもお楽しみに。

代表実績
ギンザシックス商業エリア内装
ドルチェ&ガッバーナ 青山、ロンドン、ミラノ、マイアミ店
モンクレール ドバイ店

MEMBER 10

ブランドディレクター

小西 利行

Toshiyuki Konishi

株式会社POOL/代表取締役

GREEN SPRINGSのコンセプトは「ウェルビーイングタウン」。
それは心にも体にも社会にも心地良い暮らしのできる街です。
私たちはその理想へ向け、
立川の皆さんとたくさんコミュニケーションしながら、
より良い街へと育てていきたいと思います。

GREEN SPRINGSのコンセプトは
「ウェルビーイングタウン」。
それは心にも体にも社会にも心地良い
暮らしのできる街です。
私たちはその理想へ向け、立川の皆さんと
たくさんコミュニケーションしながら、
より良い街へと育てていきたいと思います。

代表実績
サントリー「伊右衛門」
サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」
TOYOTA「CROWN BEYOND」

MEMBER 11

ホテルオフィスプロジェクトマネージャー

明山 淳也

Junya Akeyama

株式会社GOODTIME/代表取締役

心穏やかに過ごし心地よい刺激もある。
そして訪れる方々の笑顔がたくさん溢れる。
そんなGREEN SPRINGSを目指して、がんばってます。

心穏やかに過ごし心地よい刺激もある。
そして訪れる方々の笑顔がたくさん溢れる。
そんなGREEN SPRINGSを目指して、
がんばってます。

代表実績
hotel koe tokyo
THE THOUSAND KYOTO
bespoke hotel

MEMBER 12

設計統括

門田 哲也

Tetsuya Kadota

株式会社 山下設計

これまで様々な開発に関わってきましたが、
「GREEN SPRINGS」は他にはない参加型の街づくりです。
私自身も新しいチャレンジングな街づくりに関わることが
出来てワクワクしています。
これからもたくさんの方々の参加を期待しています。

これまで様々な開発に関わってきましたが、
「GREEN SPRINGS」は他にはない
参加型の街づくりです。
私自身も新しいチャレンジングな
街づくりに関わることが出来て
ワクワクしています。
これからもたくさんの方々の参加を
期待しています。

代表実績
ジェイシティ東京(~2003)
総曲輪フェリオ(~2007)
ステーションツインタワーズ糀谷(~2016)

MEMBER 13

設計本部/プロジェクト設計部長

神道 浩

Hiroshi Jindo

株式会社大林組

地域、オーナー、デザイナー、施工者が
一丸となって立川の地に、新たな歴史を刻む建物を作る。

地域、オーナー、デザイナー、施工者が
一丸となって立川の地に、新たな歴史を
刻む建物を作る。

代表実績
岸和田カンカンベイサイドモール
甲子園球場
京都劇場

MEMBER 14

立飛A2地区工事事務所/所長

末吉 志郎

Shiro Sueyoshi

株式会社大林組

このすばらしいプロジェクトに携わることができ幸せです。
関係者皆さんの『熱い思い』を現実の形へと
安全に高品質の建物を施工いたします。
2020年4月、絶対に完成させます!

このすばらしいプロジェクトに携わる
ことができ幸せです。
関係者皆さんの『熱い思い』を現実の形へと
安全に高品質の建物を施工いたします。
2020年4月、絶対に完成させます!

代表実績
浦和PARCO (2005〜2007)
イオンレイクタウン (2007〜2008)
赤坂インターシティAIR (2014〜2017)

MEMBER 15

立飛A3地区ホール棟工事事務所/所長

佐藤 圭

Kei Sato

株式会社大林組

「WELL-BEING」今回のこのテーマを耳にしたとき、
自分が常々思い描いていた気持ちと同じものを感じました。
このプロジェクトをきっかけに新しい日本社会の在り方を
発信していきたいと思います。

「WELL-BEING」今回のこのテーマを
耳にしたとき、自分が常々思い描いていた
気持ちと同じものを感じました。
このプロジェクトをきっかけに新しい
日本社会の在り方を発信していきたいと
思います。

代表実績
品川インターシティ
丸の内ビルディング
帝京大学八王子キャンパス

MEMBER 16

ホール事業責任者

藤田 敏明

Toshiaki Fujita

一般社団法人 立飛教育文化振興会/理事長

多摩地区初2400人超収容の大型「ホール」。
屋上に登れて空と繋がる。
日本初、屋内外が繋がるステージ。
そして人と人が繋がる。
新時代の「ハイブリット」な立川ステージガーデンは
『音楽が好きになる街』を創ります。

多摩地区初2400人超収容の大型「ホール」。
屋上に登れて空と繋がる。日本初、屋内外が
繋がるステージ。そして人と人が繋がる。
新時代の「ハイブリット」な立川ステージ
ガーデンは『音楽が好きになる街』を
創ります。

代表実績
「千葉ロッテマリーンスタジアム」
リニュアル&マリーンズミュージアム開設(06年)

ソウル「シャルロッテミュージカルシアター」
事業策定(07年)

黒崎副都心再開発「北九州市立黒崎文化ホール」
自主事業、運営企画策定(10年~12年)

MEMBER 17

ホール事業担当

丸山 健史

Kenji Maruyama

株式会社シアターワークショップ 施設運営部/執行役員

都心にはない、今までの常識覆し、
かつ痒い所に手が届くホールを目指します!
施設計画(ハード)も運営計画(ソフト)も
一体的に計画している強みを出したいと思います。

都心にはない、今までの常識覆し、
かつ痒い所に手が届くホールを目指します!
施設計画(ハード)も運営計画(ソフト)も
一体的に計画している強みを出したいと
思います。

代表実績
ヒカリエホール・カンファレンス
コンサルティング・開業準備・運営(2012年~)

iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ
コンサルティング・開業準備・運営(2014年~)

渋谷キャスト スペース・ガーデン
開業準備・運営(2017年~)

MEMBER 18

ホテル事業責任者

坂本 裕之

Hiroyuki Sakamoto

株式会社立飛ホスピタリティマネジメント/取締役

私のキャリアの集大成としてこのホテル開発に
取り組んでおります。志はひと際高く、
高品質であって、驚きに満ちた革新的なホテル。
そして何よりゲストが心も体も心地よく
ご滞在いただける癒しの空間。
「東京にあって、東京にない」
新たな都市型リゾートとして
皆様に愛されるホテルを目指してまいります。

I am taking part in this hotel development project as
a culmination of my career.
Innovative, highly ambitious, superb in quality,
and filled with surprises, this hotel is,
above all, where guests can find healing comfort for
their bodies and souls.
We unveil a new form of urban resort in Tokyo,
as we endeavor to become a hotel loved and
trusted by all.

私のキャリアの集大成としてこのホテル開発に取り組んでおります。
志はひと際高く、高品質であって、驚きに
満ちた革新的なホテル。
そして何よりゲストが心も体も心地よく
ご滞在いただける癒しの空間。
「東京にあって、東京にない」新たな都市型
リゾートとして皆様に愛されるホテルを
目指してまいります。

I am taking part in this hotel development project as a culmination of my career. Innovative, highly ambitious, superb in quality, and filled with surprises, this hotel is, above all, where guests can find healing comfort for their bodies and souls. We unveil a new form of urban resort in Tokyo, as we endeavor to become a hotel loved and trusted by all.

MEMBER 19

商業リーシング担当

深井 幹夫

Mikio Fukai

株式会社船場 CREATOR事業本部 SC綜合開発研究所/所長

従来の都市型開発では実現できない
新たな価値創造の場づくりを目指していきます。
都心ではないエッジシティ立川から、
新たな多摩エリアの可能性を発信していきたいと考えます。
ここに住んでよかった、ここで働くことが楽しい、
わざわざ来たくなる、そんな自分のお気に入りが見つかります。

従来の都市型開発では実現できない新たな
価値創造の場づくりを目指していきます。
都心ではないエッジシティ立川から、
新たな多摩エリアの可能性を発信して
いきたいと考えます。
ここに住んでよかった、ここで働くことが
楽しい、わざわざ来たくなる、そんな自分の
お気に入りが見つかります。

代表実績
博多KITTE/商業コンサルティング業務(2013~2016)
南池袋公園内飲食施設開発/飲食施設導入に伴う
商業コンサルティング業務(2014~2016)
エキマルシェ新大阪駅(JR新大阪駅柵内開発)/
調査・基本計画、MD計画、リーシング業務 (2012~2015)

MEMBER 20

商業リーシング担当

太田 昌也

Masaya Ota

株式会社リックプロデュース 常務取締役 企画ソリューション部/部長

これからの人々のライフスタイルを
未来に向けて提案するステージ創り
GREEN SPRINGSを次代の新たなアイコンにしたい
そんな思いで取り組んでいます
そのプロセスに参加している自分に喜びを感じています

これからの人々のライフスタイルを
未来に向けて提案するステージ創り
GREEN SPRINGSを次代の新たな
アイコンにしたい
そんな思いで取り組んでいます
そのプロセスに参加している自分に
喜びを感じています

代表実績
京葉道路幕張PA開発計画(パサール幕張)
企画・リーシング・コンサルティング

京王電鉄調布駅開発計画(トリエ調布)
MD計画・リーシング・コンサルティング

気仙沼市震災被災地区商業計画
企画・ヒアリング・コンサルティング

MEMBER 21

タウンマネージャー

守屋 慎一郎

Shinichiro Moriya

株式会社ワコールアートセンター プロデュース部 企画室/チーフプランナー

立川は日本におけるパブリックアートの先進地。
先人の知恵を引き継ぎつつ、アートの創造性をまちづくりに生かす、
世界基準のタウンマネジメントを、立川の皆様とともに推進します。
美しく。軽快に。大胆に。

立川は日本におけるパブリックアートの
先進地。
先人の知恵を引き継ぎつつ、アートの
創造性をまちづくりに生かす、
世界基準のタウンマネジメントを、
立川の皆様とともに推進します。
美しく。軽快に。大胆に。

代表実績
スマートイルミネーション横浜 チーフプランナー(2009〜)
太田市美術館・図書館 管理運営総合ディレクション(2015〜)
横浜商科大学兼任講師(アートによる地域振興)(2018〜)