ロゴ
GREEN SPRINGS END SPOT
  • 画像1200×800
  • 画像1200×800
  • 画像1200×800

「GREEN SPRINGSの終着点」で
思い出に残るひと時を過ごそう。

「GREEN SPRINGSの終着点」で
思い出に残るひと時を過ごそう。

特別な人と、特別な場所で

GREEN SPRINGSを訪れたら絶対に行きたい
「終着点」の魅力を時間帯別でご紹介いたします。

The Dragonfly Bar画像

The
Dragonfly
Bar

カスケードを上がった先ーGREEN SPRINGSの終着点にある隠れ家BARです。
昭和記念公園の景色が一望できるロケーションは、空と大地と人がつながる街区の象徴。
「ウィーンの至宝」といわれるベーゼンドルファー・ピアノのある大人の社交場で、自然をテーマにした食事とワインで、優雅なひとときをお過ごし下さい。

  • 画像350×350
  • 画像350×350
  • 画像350×350
  • 画像350×350
  • 画像350×350
  • 画像350×350

お電話でのご予約はこちら

042-512-5501
PERFORMANCE SCHEDULE

演奏スケジュール

  • ピアノディナー

    2022/01/13

    画像800×534

    3stage 19:00〜 / 20:00〜 / 21:00〜

    画像350×430
    pianist
    吉澤はじめ (Hagime Yoshizawa)

    1965年生まれ。東京都出身。キーボード奏者/作編曲家/プロデューサー。2歳からクラシック・ピアノを始める。

    1991年にウェザー・リポートのドラマーで実の叔父でもあるピーター・アースキンとともにソロ・アルバム『HAJIME』を英国でリリース。その後帰国し、Mondo Grosso、キョウト・ジャズ・マッシブ、Cosmic VIllage、Sleep Walkerに参加。ルイ・ベガ、マンデイ満ちる、bird、オレンジ・ペコー、CHARA、キタキマユ、ACO、らのプロデュース、楽曲提供、編曲、演奏などを担当。ソロ・アルバムを国内外で11枚リリース。ヨーロッパ、アジアを中心に20カ国以上でライブ・ツアーを経験。 2000年「Violet Lounge」、2002年にはナタリー・ポートマン出演のTVCM曲としても幅広い層の心を掴んだ「I am with you」収録の『Hajime Yoshizawa』、2005年パルコCM曲「Beyond the sunshine」収録の『Music from the Edge of the Universe』、06年リミックス・アルバム『Echo from the Edge of the Universe』を発表。 同年、日本未リリースだった『HAJIME』がVillage Againから発売された。 2008年、ナバーシャ・ダヤ(FERTILE GROUND)、峰厚介らが参加したニュー・アルバム『JAPAN』をリリース。収録曲「HOME」がスカーレット・ヨハンソン出演のTVCMに起用され大きな反響を呼んだ。同年、再びピーター・アースキンを迎えたピアノトリオアルバム『Innocent Noctorne』発表。 2008年ファラオ・サンダースと共演した『The Voyage』(スリープ・ウォーカー)2009年『JAPAN』がアドリブ誌の年間最優秀クラブ/ダンスアルバム受賞。 2014年リリースの『Inner Illisions』(被災地の子供達の合唱曲「あおぞら」から、フルオーケストラ+JAZZコンボの「American deca cho」まで、ジャンルを超越した作品)と2017年リリースの、二枚組のソロピアノアルバム『8∞8インフィニエイティ』はそれぞれiTunesJAZZチャートで1位を獲得した。 2017年の10月にはトモキサンダース、植松孝夫の二大テナーサックス奏者をむかえて『ダブルムーン』を制作。収録曲がインターFMのJAJアワード2018年のベストカバー賞に。初の日本人受賞者に。
  • 画像350×350
  • 画像350×350
  • 画像350×350
  • 画像350×350
  • 画像350×350
  • 画像350×350

お電話でのご予約はこちら

042-512-5501
PERFORMANCE SCHEDULE

演奏スケジュール

  • ピアノディナー

    2022/01/13

    画像800×534

    3stage 19:00〜 / 20:00〜 / 21:00〜

    画像350×430
    pianist
    吉澤はじめ (Hagime Yoshizawa)

    1965年生まれ。東京都出身。キーボード奏者/作編曲家/プロデューサー。2歳からクラシック・ピアノを始める。

    1991年にウェザー・リポートのドラマーで実の叔父でもあるピーター・アースキンとともにソロ・アルバム『HAJIME』を英国でリリース。その後帰国し、Mondo Grosso、キョウト・ジャズ・マッシブ、Cosmic VIllage、Sleep Walkerに参加。ルイ・ベガ、マンデイ満ちる、bird、オレンジ・ペコー、CHARA、キタキマユ、ACO、らのプロデュース、楽曲提供、編曲、演奏などを担当。ソロ・アルバムを国内外で11枚リリース。ヨーロッパ、アジアを中心に20カ国以上でライブ・ツアーを経験。 2000年「Violet Lounge」、2002年にはナタリー・ポートマン出演のTVCM曲としても幅広い層の心を掴んだ「I am with you」収録の『Hajime Yoshizawa』、2005年パルコCM曲「Beyond the sunshine」収録の『Music from the Edge of the Universe』、06年リミックス・アルバム『Echo from the Edge of the Universe』を発表。 同年、日本未リリースだった『HAJIME』がVillage Againから発売された。 2008年、ナバーシャ・ダヤ(FERTILE GROUND)、峰厚介らが参加したニュー・アルバム『JAPAN』をリリース。収録曲「HOME」がスカーレット・ヨハンソン出演のTVCMに起用され大きな反響を呼んだ。同年、再びピーター・アースキンを迎えたピアノトリオアルバム『Innocent Noctorne』発表。 2008年ファラオ・サンダースと共演した『The Voyage』(スリープ・ウォーカー)2009年『JAPAN』がアドリブ誌の年間最優秀クラブ/ダンスアルバム受賞。 2014年リリースの『Inner Illisions』(被災地の子供達の合唱曲「あおぞら」から、フルオーケストラ+JAZZコンボの「American deca cho」まで、ジャンルを超越した作品)と2017年リリースの、二枚組のソロピアノアルバム『8∞8インフィニエイティ』はそれぞれiTunesJAZZチャートで1位を獲得した。 2017年の10月にはトモキサンダース、植松孝夫の二大テナーサックス奏者をむかえて『ダブルムーン』を制作。収録曲がインターFMのJAJアワード2018年のベストカバー賞に。初の日本人受賞者に。
SKYDECK画像

SKY
DECK

カスケードを登った先のTACHIKAWA SATAGE GARDENの屋上に位置するスカイデッキ。 階段状のウッドデッキ「だんだんテラス」があり、昭和記念公園を一望できます。 ミニテーブルが配置されているので、奥のThe Dragonfly Barからのテイクアウトがおすすめです。 環境音楽と共に、ゆっくりとした時間をお過ごしください。

SKY DECK GALLERY

スカイデッキでとっておきの撮影をおこなおう

SKY DECK GALLERY

スカイデッキでとっておきの撮影をおこなおう

The Dragonfly Bar
公式アカウント

@the_dragonfly_bar

SKY DECK公式アカウント

@skydeck_greensprings